フレシャスに辿りつくまで|ウォーターサーバー選び体験談

メインコストのお水はおいくらぐらい?

水のお値段をざっと表に整理してみました。

 

機種名 1L単価 1ヶ月ノルマ 不要月停止
フレシャス 157円 7Lパック×4個(1箱) 可能
コスモウォーター 157円 12Lパック×2本 可能
アクアクララ 164円 なし 可能
クリクラ 123円 12Lボトル×2本 可能

 

アクアクララはサーバーレンタル費が有料だから、水は安いのかと思ってたら逆ですね!

 

これ、天然水じゃなくてRO水の値段ですからね。

 

月のノルマはないですが、1回の最低注文数というのはあって、水の種類によって違います。

 

レギュラーは12Lボトル1本。スリムは8L×4本です。

 

クリクラは安いですね。RO水ではありますが。

 

フレシャスはバナジウム天然水1種類。

 

コスモウォーターも天然水です。

月のノルマをどう考える?

業者によっては月のノルマがあるところがあります。

 

「毎月、最低これだけは注文してください」という量ですね。

 

フレシャスの場合は1箱(7L×4パック=28L)、コスモウォーターやクリクラの場合で12L×2本=24Lです。

 

500mLボトルに換算して、月48〜56本、1日当たり1.6〜1.8本。

 

コンビニで買って持ち歩いて飲む小型のボトル2本未満です。

 

これはかなり少ない量です。2人暮らしだと一人小型ボトル1本足らず。用途を飲み物に限ってもまず消費します。

 

3人以上の家族や家にいる時間が長い人がいる場合などは、確実にノルマをオーバーします。

 

長期の旅行などで不要な月は、注文をストップできるわけだから、ノルマは気にしないで大丈夫。

 

判断材料からはずしていいと判断しました。

 

逆にノルマが気になるくらい消費量が少ないと予想される場合は、ウォーターサーバー導入は見合わせて、当分ミネラルウオーターを自宅配送で箱買いした方がいいと思います。

 

水1ボトルの重量も大切な選択基準

他人のブログを調べて、「大きいボトルは交換が大変」という情報を得ていたので、どうかな?と思っていたのですが、
導入した後で思ったのは、これはやはりよく考えた方がいいということです。

 

特に力のない女性やお年寄りの場合。

 

7kgでも12kg(水1L≒1kg)でも一時的に持ち上げるには特別重いというほどの重量ではないです。

 

でも水というのは入れ物の中で動くので、安定感に欠け、同じ重さでも固形物を持った時と負担が全然違います。

 

それを胸の高さまで持ち上げて、交換するという作業を毎月数回やらないといけないわけです。

 

力に自信がない人は、上の表でお値段だけでなく、1ボトル(パック)の容量もよく見ておいた方がいいと思います。

 

 

商品仕様や注文は公式ページで